裁判所での自己破産手続きの流れ 自己破産に強い 千葉 弁護士法人さくら北総法律事務所


自己破産申請中の生活で制限されることと守るべき6つのこと

ホーム. 自己破産での裁判所からの調査について|聞かれることや質問内容を解説. 2022年3月10日. 自己破産手続きの中で、裁判官との面談がいちばん緊張することではないでしょうか。 ほとんどの人にとって破産をすることも初めてなら、裁判所へ出廷することさえ初めてかもしれません。 裁判官からの尋問ではどのようなことを聞かれるのか 、 自分の答え方次第で破産が認められなくなってしまったりはしないか など、不安になるかもしれません。 しかし、裁判官の審尋期日は、基本的に書類に不備がないか、申立人が本人であるかの確認のためのものです。 警察の尋問のようにきつく問い詰められたりはしません。 真摯に対応することで、手続きはスムーズに進みます。


千葉 裁判所 自己破産

「自己破産のために裁判所に行ったら、何を聞かれる?」 自己破産を考えている方には、裁判所に行く必要があるのかどうかなど、気になることが多いかもしれません。 自己破産をすると、通常、裁判所に1回は出頭することになります。


自己破産手続の流れ 弁護士法人江原総合法律事務所

裁判所では,このような事項を含め,破産の手続に関する一般的な説明(手続案内)をすることはできますが,破産手続開始の申立てをした方がよいか,どのようにしたら破産手続開始の申立てや免責が認められるかなどの相談(法律相談)には応じることができませんので,あらかじめご承知おきください。 第2 破産手続について. 1 破産手続とは,債務者(あなた)の財産のすべてを金銭に換えて債権者に公平に分配することを目的とする制度です。 この破産手続が開始されると官報に公告(掲載)され,各種の効果(制限)が発生しますが,その代表的なものは次のとおりです。 (1) 保険募集員,警備員,弁護士,税理士,後見人等になれない。 (2) 破産管財人が選任された場合は,次のような制限を受けることがある。


自己破産の方法と特徴:自己破産の基礎知識

自己破産をするときに裁判所からよく聞かれる事項. 自己破産の申し立ては、お住まいの住所を管轄する地方裁判所に書類(申立書一式と添付書類もろもろ)を提出する形で行います。 これらの書類のチェックがすべて終わってはじめて、開始決定が下されることになります。 裁判所では、自己破産に関する書類が細かくチェックされ、内容によっては、申立書を提出したあと、裁判所から追加で説明を求められることもあります。 当事務所では、裁判所に聞かれそうだな、と思われる事項をあらかじめピックアップして、申立てをする際に「上申書」という書類にまとめるようにしています。 では、裁判所によく聞かれる事項についていくつか例を挙げてご説明したいと思います。 (下記は、大阪府内の裁判所に申立てを行うケースを前提としています。


自己破産の7つのデメリット|自己破産が向いていない人について解説

自己破産で裁判所に行かなければならない理由 自己破産手続には、管財事件と同時廃止事件の2つのパターンがあります。自己破産手続を弁護士に依頼した場合であっても、裁判所には債務者本人が行かなければならない時期があります。


自己破産手続きの必要書類は?種類別にわかりやすく紹介!【大阪の弁護士 西村 雄大監修:梅田パートナーズ法律事務所】

自己破産が認められるかどうかは、裁判所の判断次第だからです。 「生活保護を受けることになった」「収入がない」など、客観的に見て支払いできない状態なら、自己破産が認められる可能性は高いと考えられます。 一方「支払い能力がある」と判断された場合や、破産法で定められている「免責不許可事由」に該当する場合は、自己破産が認められません。 免責不許可事由に該当する事例を紹介します。


自己破産の手続き|免責許可までの流れと期間を7つの手順で解説

自己破産の裁判所面接は何を聞かれる? 押さえておくべきコツは? 自己破産は、どうやっても返済出来ない. 借金を背負ってしまった時に、その借金. をゼロにできるという制度です。 これは債務整理という、借金の減免制度. の一つで、裁判所に申し立てをして、 認可されれば借金は免除となります。 いわば 合法的な借金の踏み倒し ですが、 その代わり各種のペナルティもついてきます。 自己破産の手続には、お金と手間がかか. る管財事件と、遙かに簡易で手間もお金. も少なくて済む同時廃止事件の別があります。 そしてどちらにせよ、 裁判所での面談 が. 必要になります。 裁判所、裁判官、出頭などという言葉は、 怖いものの代名詞. ですよね。 そこで今回は、自己破産の裁判所での.


倒産手続について 裁判所

2.1 ①支払不能の状態であること. 2.2 免責不許可事由にあてはまらないこと. 3 自己破産のメリットデメリットを簡単に解説. 3.1 メリット. 3.2 デメリット. 4 自己破産の流れをわかりやすく解説. 4.1 ①弁護士に相談・依頼する. 4.2 ②弁護士が裁判所に申立てをする. 4.3 ③裁判所で1度目の面談をする. 4.4 ④裁判所が破産手続きの開始を決定する. 4.5 ⑤裁判所で2度目の面談をする. 4.6 ⑥破産の許可が下りる. 5 自己破産にかかる費用は? 5.1 弁護士にかかる費用. 5.2 裁判所にかかる費用. 6 自己破産したいけどお金がない人の対処法. 6.1 弁護士費用を分割払いにしてもらう. 6.2 法テラスに費用を肩代わりしてもらう.


自己破産とは 手続きやり方の流れ・費用・メリットデメリットを解説

【どんなことが聞かれる】 内容は、申立時に添付した書類についての確認や生活状況について聞かれるようです。 また、専門的なことは聞かれませんが、自己破産という手続はどういうものか? (どういう手続をしているか認識しているか? )や債権者が何社で債務総額はいくらか? ぐらいは把握しておきたいところです。 決して試験や審査ではありませんので、うまく回答できなかったから破産が認められないという訳ではありませんのでご安心ください。 落ち着いて聞かれたことを正直に回答すれば大丈夫です。 無事に審問が終わると、破産開始決定と同時廃止決定が出されます。 まれに1回で終わらずに再度1ヶ月後に2回目の審問を設定されるケースもあります。


自己破産の手続きの流れとは?弁護士が種類別に解説 債務整理に強い弁護士による無料相談【デイライト法律事務所】

自己破産をする場合、裁判所で何を聞かれるのでしょうか? A.自己破産の申立後、裁判所から事情を尋ねる審尋が行われる場合があります。 この「審尋」では、 支払不能に至った原因や状況、借金や財産の状態などについての質問 が行われます。 「破産手続開始決定」のための「審尋」は、 破産手続開始の申立ての際に提出する書類に問題がなければ、省略されることがあります。 当事務所は、迅速・円滑に「破産手続開始決定」ができるよう、借金が増えた経緯や財産の状況を調査し、裁判所への提出書類の作成にも綿密に行って参ります。 また、「審尋」が行われる場合には弁護士が同席します。 「審尋」とは、裁判官が債務者に対して直接、事情を尋ねることをいいます。 「審尋」は、裁判所で裁判官、債務者と弁護士が同席して行われます。


自己破産の必要書類を総まとめ!揃わない場合の対処法やQ&A|債務整理note

自己破産は裁判所に申し立てをして借金の返済義務を帳消しにする手続きなので、裁判所へ出頭しないといけない場合があります。 しかし、わざわざ裁判所にいかなくても済むようにする方法もあるのです! この記事では以下の3点について詳しく解説します。 自己破産をしても裁判所にいかなくても済むための条件. 裁判所に出頭しなくてはいけないケース. 裁判所での面談において聞かれること・準備すること. FAST法律事務所 の無料相談窓口. 相談無料! 匿名OK! ご相談はこちらから. 0120-201-727. 受付時間:24時間. LINEで相談する. LINE相談の詳細はこちら. \専門家に無料相談しよう! 【厳選】債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所8選! 費用や強みを徹底比較!


自己破産のメリットとデメリットは何?やる前に知っておきたいこと│アーク法律事務所

手続きの流れ・費用やデメリットを徹底解説. 執筆者 弁護士 西村裕一. 更新日:2023年12月11日. 自己破産とは、 自分の抱えている借金を免除してもらう手続です。 その代わりに自分の持っている財産については、一定の基準で処分し、現金化して借金をしている先に配るということもあります。 この記事では、そもそも自己破産って何をするのか、自己破産のメリットとデメリット、手続の流れや自己破産をどこに相談すればよいか、費用はどのくらい必要かといった自己破産に関する基本的なことを弁護士が解説していきます。 自己破産をしようか迷っている方、不安に思っている方はぜひ参考にしてみてください。 目次 [ 非表示] 1 自己破産とは何か? 2 自己破産のメリットとデメリット.


自己破産【原総合法律事務所】長崎県弁護士会所属/交通事故/医療/労災/相続

Contents [ hide] 1 この記事でわかること. 2 自己破産の手続きには2種類ある. 2.1 自己破産手続き「管財事件」とは. 2.2 自己破産手続き「同時廃止」とは. 3 管財事件の手続きの流れ. 3.1 弁護士へ自己破産手続きの相談をする. 3.2 弁護士が債権者に受任通知を送付する. 3.3 弁護士と債務者で破産手続きの準備と申立て. 3.4 破産手続きの開始決定と破産管財人の選任. 3.5 破産管財人による財産調査や資産の換金. 3.6 裁判所で債権者集会を行う. 3.7 債権者への配当と破産手続きの終了. 3.8 管財事件の申立てから破産手続き終了までの期間. 4 同時廃止の手続きの流れ. 4.1 同時廃止でもまずは弁護士への相談と受任通知の送付.


自己破産申請中の生活で制限されることと守るべき6つのこと

執筆者 弁護士 永野裕貴. 更新日:2023年12月14日. 自己破産するとできなくなることとして、手続き中には、 債権者に返済できなくなる. 自宅不動産、自動車、高価な貴金属等を持ち続けることができなくなる. 裁判所の許可なく住居移転や海外渡航ができなくなる. 郵便物を直接受け取れなくなる. 債権者の預金口座が凍結されて出金できなくなる. があります。 手続後は資格制限がかかり、一定の職業に就けなくなる場合があります。 この記事を読み始めた方の中には、「自己破産をしたいけど、自己破産をすると何ができなくなるのか詳しく知りたい。 」と考えている方もおられるのではないでしょうか? たしかに、あなたが自己破産するとなった場合、できなくなることが一定数あることは事実です。


自己破産手続き (破産開始決定・免責決定) の説明 村瀬司法書士事務所

訴訟提起されたときの対処法. 「自己破産の準備中に訴えられることはあるのか」 「自己破産の準備中に訴訟提起されたらどうしたらいいのか」 自己破産を検討している方の中には、準備中に訴訟を提起されるのではないかと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。 本記事では、自己破産準備中に訴訟を提起される場合はどのような場合か、提起された訴訟を放置するリスク、具体的な対処法などについて詳しくご紹介します。 1.自己破産準備中に訴えられることはあるのか. 結論から述べると、自己破産の準備中に債権者から訴訟を提起されることはあります。 弁護士から債権者に受任通知が送られた後は、債務者への督促は止まります。


自己破産手続きはどう進む?免責までの流れをわかりやすく解説|債務整理ナビ

自己破産で裁判所に行くタイミング|聞かれる内容や所要時間も解説. 裁判所が公表している「令和3年 司法統計年報(民事・行政編)」によると、令和3年に福島地方裁判所に申立てのあった破産事件の件数は、752件でした。. 金融機関などから借り.