奈良県 多坐弥志理都比古神社 写真素材 [ 4698983 ] フォトライブラリー photolibrary


多坐弥志理都比古神社(多神社) 行ってきました!

多坐弥志理都比古神社は、田原本町多に所在する延喜式内大社です。祭神は神武天皇・神八井耳命・神淳名川耳命(綏靖天皇)・姫御神(玉依姫)の四柱で、このうち神八井耳命は、多を根拠地とし、太安万侶らをはじめとする古代氏族多氏の祖とされています。 多神社本殿は、東西に一間社.


多坐弥志理都比古神社 神社巡りジャパン

多坐弥志理都比古神社. 多座彌志理都比古神社. 田原本町多字宮ノ内 TEL 07443-3-2155. 旧郷社 祭神 神武天呈・神八井耳命・神淳名川耳命・姫御神. 延喜式神名帳に大社 太社・意冨社 十市郡の項に「多座彌志理都比古神社 二座並明神 大月次、相嘗、新嘗」二坐.


多神社 多坐弥志理都比古神社 奈良県磯城郡田原本町 空 sora そら

多坐弥志理都比古神社(多神社):奈良県磯城郡田原本町多570-4. →表参道右「竈神社」 →表参道左「八幡神社」 →表参道右「石上神社・春日神社・住吉神社」 →表参道右「熊野神社」「?神社」 左側は熊野社だが、右側は不明である。


多坐弥志理都比古神社 磯城郡田原本町/奈良県 Omairi(おまいり)

2020年4月9日 2021年8月28日. 多神社は、奈良県磯城郡田原本町多にある神社。 正式には 「多坐彌志理都比古神社」 (おおにます みしりつひこじんじゃ)という厳めしい社名。 延喜式神名帳に記載ある式内社の中でも特に霊験あらたかとされる名神大に列する大社であるからして、厳めしい社名が.


多坐弥志理都比古神社(奈良) 古代遺跡の中心に鎮座する神八井耳命を祀る古社 関西の寺社めぐり

『平成祭礼データ』 多坐弥志理都比古神社 御由緒 当社は神武天皇の第二皇子神八井耳命(多族の祖神)この地に降って天神地祇を祀る・・とあり自ら祭祀者となって,弥生文化の発達とともに大和平野における大規模な稲作農法の開拓者である多族の祭祀(まつりごと)の中心地として,社名.


多坐弥志理都比古神社(奈良) 古代遺跡の中心に鎮座する神八井耳命を祀る古社 関西の寺社めぐり

多坐弥志理都比古神社(磯城郡田原本町/奈良県)の御朱印に関する情報はみんなで作る神社お寺&御朱印ガイド「Omairi(お.


多坐弥志理都比古神社 大和讃歌(奈良の空から)

多坐弥志理都比古 神社. 多坐弥志理都比古. 神社. 磯城郡田原本町多569 (平成23年1月8日) 東経135度47分22.37秒、北緯34度31分56.56秒に鎮座。. この神社は近鉄橿原線・笠縫駅の南西約900mに鎮座しています。. 参道入口に立つ大灯籠と大鳥居から西に約800m、近鉄橿原.


多坐弥志理都比古神社 大和讃歌(奈良の空から)

神武天皇の系譜、ここに祭られて多坐弥志理都比古神社(おおにいますみしりつひこじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町に鎮座しています.


御朱印・御朱印帳:多坐弥志理都比古神社(奈良県笠縫駅) ホトカミ 神社お寺の投稿サイト

多坐弥志理都比古神社(おおにますみしりつひこじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町にある神社である。. 式内社(名神大)で、近代社格制度による旧社格は県社。. 一般には多神社(おおじんじゃ)と呼ばれ、多社、多坐神社、太社、意富社とも書かれる.


多坐弥志理都比古神社(奈良県笠縫駅)の投稿(1回目)。本殿は四殿配祀形式の春日造で、とても美しいらしい…[ホトカミ]

多坐弥志理都比古神社 - Wikipedia ja.wikipedia.org 「記紀神話には、「神八井耳命は皇位を弟に譲り、自らは神祇を祭る」とあり、それが当社の始まりであるとしている。綏靖天皇2年(紀元前580年)、.


多神社 多坐弥志理都比古神社 奈良県磯城郡田原本町 空 sora そら

多坐弥志理都比古神社の情報はホトカミでチェック!参拝記録(9件)、写真(82枚)、奈良県笠縫駅からのアクセス・御朱印など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!多坐弥志理都比古神社は今日の最後に参拝させていただきました。 境内は、かな.


多坐弥志理都比古神社の御朱印・アクセス情報(奈良県笠縫駅)ホトカミ

多坐弥志理都比古神社(坐の左の人は口). おおにいますみしりつひこじんじゃ. 記入年月日 2017/03/22. 所在地. 奈良県磯城郡田原本町多570番地. 区分. 複合型 | 複数の歴史文化資源を包含する歴史文化資源. 指定内容. 県指定有形文化財.


多坐弥志理都比古神社の御朱印・アクセス情報(奈良県笠縫駅)ホトカミ

菟足神 十三戸、大和八戸、尾張五戸、. 津名神 十三戸、淡路国、. 大和神 三百廿七戸、 勝宝元―十一月十四日奉レ充三百戸、廿七戸不レ見二奉レ充年一、大和廿戸、十戸神護元―奉レ充、尾張七戸、常陸百戸、出雲五十戸、武蔵五十戸、安芸百戸、. 大神々.


多坐弥志理都比古神社の御朱印・アクセス情報(奈良県笠縫駅)ホトカミ

多坐弥志理都比古神社(多坐彌志理都比古神社、おおにいますみしりつひこじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町多にある神社。式内社(名神大社)で、旧社格は県社。一般には多神社(おおじんじゃ)と呼ばれ、多社、多坐神社、太社、意富(おお)社とも書かれる。


多坐弥志理都比古神社の御朱印・アクセス情報(奈良県笠縫駅)ホトカミ

多坐弥志理都比古神社(多坐彌志理都比古神社、おおにいますみしりつひこじんじゃ)は、奈良県 磯城郡 田原本町多にある神社。 式内社 ( 名神大社 )で、 旧社格 は県社。


多坐弥志理都比古神社 泉休のフォトブログ

県指定文化財 多坐弥志理都比古神社本殿について 多坐弥志理都比古神社(おおいますみしりつひこじんじゃ。通称「多神社」。)は、奈良県 磯城郡 田原本町多に 所在 し 、創立 は天平元年( 729 )以前に 遡ります。 多宮郷30ヶ村の郷宮として、尊崇を.